横浜中華街の関帝廟通りのショップ「三陽號」に、TV番組「所さんお届けモノです!」で紹介されて話題になった『百味齋 麻辣蘸料(マーラーヅァンリョウ)』という調味料があるということで、はるばる電車を乗り継いで向かったわけですが、どうやら放送後すぐに売り切れてしまったとかで、結局買うことはもちろんのこと、どういうものなのか見ることもできずに退散。 


火鍋の素ならば売っていましたが。

というか、近所の中国マーケットで何度か買ったことがあります。




ということで、『百味齋 麻辣蘸料(マーラーヅァンリョウ)』のことは早々に忘却して、せっかくなので麻辣刀削麺が食べられるお店を探すことに。

横浜中華街には多くの中国料理屋さんがひしめき合っているとはいえ、四川料理のお店は数少ない。

以前、麻辣刀削麺がメニューにあったときにはよく訪れていた「京華楼」の角を曲がった路地に、「四川菜館」というお店を発見。

店頭に置かれているポップには、ちゃんと麻辣刀削麺なるメニューが存在していました。




入店したのが、昼下がりにも程が有るくらいの時間だったので、お客さんはゼロでしたが、清潔感があって、なかなかいい感じの店内。

IMG_6650

ランチメニューも一捻りが効いていて、魅力的ですね。
世に言う定番料理がほとんどありません。

一緒に行った友人は、豚肉と野菜の山椒唐辛子煮をオーダーしていました。

IMG_6641

山椒と唐辛子がこれでもかという具合で、さらにはアクセントのパクチーが食欲をそそります。

たぶん、大正解です。

大変美味しかったです。



そして現れた麻辣刀削麺。

IMG_6645

予想していた通りのビジュアルです。

ほどほどに辛くて、ほどほどに痺れる感じ。

麺もほどほどな茹で加減です。

とくに特徴があるわけではないですが、その分難点もないです。

650
円で食べられる麻辣刀削麺としては、まったく問題ないです。

スクリーンショット 2019-05-29 20.17.58

日昇 四川菜館

神奈川県横浜市中区山下町138

045-681-6888






生田絵梨花写真集 インターミッション