IMG_2724

都内や神奈川などに数店舗を展開する「多福楼」というお店。

基本的にはチャーボンという、日本で言うところのチャンポンみたいな料理がウリで、以前に川崎店には行ったことがありますが、その際にも当然ながら刀削麺を食べてしまったため、未だチャーボンを食したことはないのだけれど、そんな「多福楼」が北区十条にもありということで、東西線と銀座線そして京浜東北線を乗り継いで東十条駅で降り、そこから埼京線十条駅まで徒歩で向かった次第。 


川崎のアットホームな中国料理 チャ~ボン多福楼で鶏肉麻辣刀削麺

c5313e25-s
ほぼ4年前ですね。
あのときは、おそらくドラマのロケの合間に行ったような気がします。

そして十条店。
IMG_2715
IMG_2729
十条の商店街から、少し路地に入った中にあります。
「元祖チャーボン」という看板だけでは、いったい何の店なのか、パッと見はわからないかもしれません。

同じ「多福楼」でも刀削麺を提供しないお店があるようで、なので気をつけなければならないのですが、幸運にも十条店には刀削麺のメニューが存在しました。

とはいえ、ランチメニューを見る限りでは、麻辣刀削麺などは存在しないかのようです。

IMG_2718

そこに書いてあるのは、牛バラ刀削麺、担々刀削麺そして汁なし牛バラ刀削麺の3つのみ。

一瞬、絶望感に包まれそうになりましたが、気を取り直してグランドメニューのほうを見てみることに。

IMG_2716

そうしたら、刀削麺コーナーがあって、ちゃんと激辛麻辣刀削麺の文字が記されていました。

ホッと一安心。

とりあえずオーダーして、それからメニューをよく見てみると、珍しい刀削麺もチラホラ。
醤油刀削麺、坦々刀削麺、牛バラ刀削麺、高菜入り刀削麺、牛筋刀削麺、海鮮刀削麺...

写真を見る限りだと、牛バラ刀削麺などが美味しそうです。

そして登場した麻辣刀削麺。

IMG_2722

エグいくらいに真っ赤なスープがいい感じです。
パクチーもさらりと盛られていて、いかにも麻辣刀削麺的なビジュアルです。

まずはスープを一口。
たしかに激辛です。
無造作に食べたら咳き込みそうなくらい。
ネーミングに嘘はありません。
でも、注意深く食べれば問題ありません。

不揃いな麺も悪くないです。

全体を通して刺激的な味わいと食感に食も大いに進むところ。

ただ、欲を言えば、花椒がもっと効いていれば良かったかなと思いました。
個人的で勝手な要望ですが。

ごちそうさまでした。


スクリーンショット 2018-06-26 17.48.31

チャ~ボン 十条駅前店

東京都北区上十条3-30-12

050-5595-3889

居酒屋、四川料理、刀削麺

 



激辛本 (エイムック 3793)
エイ出版社
2017-07-27