IMG_0623

新中野に用があって訪れたついでに、JR中野駅まで足を伸ばして、人通りも賑やかなサンモールというアーケード街から少しだけ外れた狭い路地に佇む場所に、「西安刀削麺永祥」はありました。

いままで知らなかったお店で、中野界隈でネット検索して見つけたのですが、その立地といい、店構えといい、かなり以前から営業しているような雰囲気がありました。 

IMG_0632
IMG_0630

店内は意外なほど狭く、8席分のカウンターと、その奥に4人テーブルひとつと2人テーブルがひとつ。

14名で満席になってしまうお店に3名のスタッフが働いているようです。

なぜかメニューを見せてもらえなかったので、どんな刀削麺のメニューがあるのかは不明ですが、ライスは無料らしいです。

IMG_0621

正確には、ミニライスですが。

さて、念願の麻辣刀削麺。

IMG_0625

比較的にスピーディーに登場しました。

いいですね。
真っ赤なビジュアルが、じつに食欲をそそります。

パクチーもぼってりと盛られています。

全体をかき混ぜてから、まずはスープを飲んでみると、思いの外にあっさりしているような感覚が。

こんなに真っ赤なのにあっさりとは不思議な感じです。
辛さや痺れもあまり実感できない...

どうしてでしょうか。

刀削麺に関して言えば、けっこう好みの食感だったりもします。

なので、試しにカウンターに添えられている特製辣油みたいなものを投入したりもしてみましたが、辛味は多少アップするものの、当然ながらそれだけの効果しかありませんでした。

とはいえ、お店のシェフ的には、この味がベストだということなのでしょうから、おそらくは好みの問題ということになるのかもしれないですね。

当然、こういう味が好きないるのでしょうし。

そんな中野でのランチ。


52

西安刀削麺 永祥 (シーアントウショウメン ヨォンション)

東京都中野区中野5-62-7

03-5942-4435