IMG_71982

虎ノ門駅から2分ほど歩いたところにあるアーバン虎ノ門ビルの一階のオープンな通路みたいになっている奥に四川料理の「天然居(テンネンキョ)」というお店を発見しました。

ネットで調べてみると、汁なし担々麺が有名なお店のようです。 

IMG_7212

所狭しと情報がてんこ盛り、物凄く賑やかな店先。

美味しそうな日替わりメニューも目白押しです。

マーラー鶏肉丼とか、よだれが出そうなレベル。

IMG_7215

しかも担々麺(ミニ)付き。

店内は比較的シンプルな感じです。

IMG_7210

想像していたよりも広くない店内は、虎ノ門らしいというか、中国らしいというか。

メニューのレイアウトは、いかにも中国っぽいです。

IMG_7190

多岐にわたる定食メニュー。
日替わりメニィー以外にも魅力的なラインナップが並んでますね。

一緒に行った友人は、美味しいと評判の汁なし担々麺をオーダー。

IMG_7193

一見するとあっさりとしたビジュアルですが、これをよくかき混ぜると、全体が赤黒い、魅惑の汁なし担々麺が完成します。

ちょっと食べさせてもらいましたが、たしかに絶品。
そこそこに辛い麻と辣が絶妙なバランスで目と舌を楽しませてくれます。

評判になるのも無理がないです。

さて、麻辣刀削麺。

IMG_7205

こちらも、意外とシンプルな盛り付けですが、珍しく大きめの焼豚が鎮座しています。

刀削麺専門店で麻辣刀削麺に焼豚が入っていることはまず無いことですが、中華料理店で作る麻辣刀削麺には、ときどき焼豚が入っていることがあります。

それぞれの店主のこだわりなのでしょうね。

肉厚といい、柔らかさといい、予想以上に美味しかったです。

あと、激辛が食べたいという要望に応えて、別添えで花椒を持ってきてくれました。

そのままでも十分に辛いですが、花椒をサッサッと振り掛けると、より刺激的な辛さへ進化します。

四川料理らしい奥行きのあるスープも、かなり美味です。

やや太く大味的な刀削麺ですが、このスープとなら相性も悪く無いです。

さすが、四川料理といったところでしょうか。

IMG_7192
28

天然居 (テンネンキョ)

東京都港区虎ノ門1-16-4 アーバン虎ノ門ビル 1F

050-5868-5628


激辛本 (エイムック 3793)
エイ出版社
2017-07-27
四川料理やインド料理、タイ料理など、寝ても覚めても辛いものが好きな
激辛マニアに向けた一冊。