IMG_6898

ランチタイムによく通る新橋駅近くの外堀通り沿いのビル地下にある中華料理屋「大連餃子房」の表のメニューに、いつも間にやら「新登場 刀削麺」の張り紙があり、しかも麻辣刀削麺もあるということで、けっこう気にはなっていて、そんな中でたまたま新橋に行くタイミングがあったので、意を決して入ってみた次第。 

IMG_6914

「大連餃子房」というネーミングから察するに、おそらくは餃子がメインのお店なのでしょうか。

薄暗い階段を降りて行くと、予想外にこじんまりした店内。

IMG_6895
IMG_6896

ちょっとボディコン風なチャイナ服を身にまとった年配女性に、中国訛りの日本語で席を案内されます。

新橋ならば13時には店が空くだろうと思い、13時過ぎに入ったら、案の定狙い通り、4人掛けのテーブルに一人で着席。

注文してから待つことしばし。

登場した麻辣刀削麺は、これまた意表をつくビジュアルでした。

IMG_6906

面白いですね。
独創的というか、なんというか。

麺の上にもやし、その上にキャベツの千切り、さらにその上に肉味噌のような塊。
何かを模ったスタイルなのか。
それともコックさんの思いつきなのか。

給仕の女性に聞いてみたい気持ちをグッとこらえて、さっそくお箸とレンゲで全体をかき混ぜて、それからスープを飲んでみました。

なるほど、いかにも大連らしい、中国の地方のお店で提供されていそうな、濃厚な味わい。
大連には行ったことがないですが、きっとそういう感じではないかと思わせるものがあります。

まさにクセになりそうな味覚です。

という意味では、もやしもキャベツも、全くもって正解なのかもしれません。

具材と麺とスープの三位一体といったところか。
とりあえず、中国の食文化の奥深さを堪能することができます。

刀削麺に関して言えば、もしかしたら乾麺なのかもしれないですが、もはやそんな事はどうでもいいことで、全体としてのマッチングにおいて美味しいか美味しく無いかがポイント。

ランチメニューということで、大連餃子が3つ付いてきました。

IMG_6911

お皿や餃子のサイズに較べて明らかに大きすぎる羽根。
相当にいい感じです。

おそるべし、大連餃子房、ですね。


48

大連餃子房 新橋店

東京都港区新橋1-18-13 トミタビル3号館B1F

050-5594-2577