IMG_6941

東京メトロの東西線神楽坂駅を降りて、赤城神社の横を歩いた先の、五軒町という場所にある、「中華ダイニング食之居」という四川料理のお店で、看板メニューのひとつでもある麻辣刀削麺を食べました。

場所柄、それほどランチの需要がありそうな感じもしないものの、まだまだバリバリのランチタイムだったので、果たして混んでいるのか混んでいないのか、さっぱり読めない状況での入店。 

IMG_6954

結果は、およそ半分くらいの客入りでした。

テラス席みたいな場所の道路に面した窓を全開にしてあって、この快晴の中でノークーラーな店内、刀削麺なんて食べたら暑くてたまらないかも、などとも思ったりして、しかしかといって麻辣刀削麺を食べないという選択肢などあるわけもなく。

ランチメニュー的には、ライスと漬物、おなじみ杏仁豆腐が付いてくるとのこと。
800
円。

ほかにも4種類ほどの刀削麺、そしてよだれ鶏や麻婆豆腐などの定食メニューも充実していて、察するに、たぶん夜に来ても楽しそう。

さて麻辣刀削麺。

IMG_6951

ビジュアル的には文句ないレベルです。

注文の時に、店員さんに「辛くしますか?」と聞かれ、「やや辛くしてください」と言ったためなのかどうなのか、スープの下には大量の唐辛子片らしきものが隠されていて、最初のうちはそうでもないものの、食べ進むうちにかなりの激辛ぶりを発揮してきました。

メニュー的には、とくに中辛とか大辛とかの設定はないようです。
だから、元々がどのくらいの辛さなのか、わかりません。

パクチーは無いですが、具材的には程よい感じ。
刀削麺も比較的好きな柔らかさ。

神楽坂駅から少し離れた路地にありつつも、のんびりとした、ややリゾート感漂う店内の雰囲気と相まって、かなりリラックスできそうな空間でしたね。


36

中華ダイニング食之居

東京都新宿区西五軒町6-1

050-5593-4916