都営三田線の本蓮沼駅の近く、ちょっと路地裏のような場所にある中華料理屋さんが噂の「香味楼」。

本蓮沼に寄ったら、絶対にこのお店の刀削麺を食べなくてはならない、などと言う声もネット上ではチラホラと聞こえて来たりして、いずれ機会があれば食べてみようと、かなり以前から考えていたことは確か。

とはいえ、一人で食べに来るのもあまりにも寂しすぎるので、今回も友人を誘っての探報ということで。 

 

IMG_6285

かなり賑やかな店構えというか、ディスプレイというか。

ちゃんと「刀削麺」も推している様子。
いかにも繁盛していそうな雰囲気だけど。

IMG_6274

まだ12時半くらいだけど、そろそろお客さんが引きあげていきそうな時間帯なのか、徐々に減っていく。

注文した麻辣刀削麺が出て来る頃には、他には誰一人いなくなってなり、まるで貸切状態。

それはそうと、やって来た肝心の麻辣刀削麺。

IMG_6278

予想していた通り、やはり中華料理屋の刀削麺といった感じでしょうか。
パクチーのかわりにモヤシやネギが盛ってあります。

しかも、香りや味わいに、やや上海的なテイストがありました。
スープもわりとあっさりしています。

ただし、見た目や食感の第一インパクト以上に辛いです。
痺れというよりはスパイシーな辛さです。

刀削麺は少し太くて硬め(いわゆるコシがある的な)。
結果的に、全体としてはちょっとボリューミーでした。

食べ終わる頃には汗だくになること間違いなし。

もしもまた本蓮沼に来る機会があれば、もう一度リトライしてみたいと思います。



香味楼

東京都板橋区蓮沼町46-10

03-6320-6333 

51
 


 

中華街シリーズの基礎調味料。

刺激的な辛味が特徴の「麻辣醬」。