mjk06
一週間に及ぶ千葉県の有名なリゾート地でもある御宿でのロケを終えて、自宅に帰る途中にふと麻辣刀削麺が食べたくなり、日本橋まで足を伸ばしてみました。

本当は、京橋付近にある回味という中国料理屋でも食べられるという情報があったので、勢い勇んで行ってみたものの、そこでは刀削麺は提供していないと言われ、それならばと日本橋に戻って来た次第で、日本橋と言ったらやはり張家かなと。

照りつける太陽をかわしつつ歩くも、やはり暑さからは逃れられない。

張家に着く頃にはすっかり汗だくです。
mjk07
何度目かの訪問です。

店の外ではお弁当なども販売しているようです。
mjk08
じっさいに販売するお弁当は、ちゃんとクーラーの効いた店内に保管してあります。

電気代を節約しているのか、あるいは中国のこういうお店の特徴なのか、薄暗い店内。
mjk03
そういえば、西安でもそういうお店がたくさんありました。

やる気がないようにも見えますが、まぁお国柄ということで。


そんなこんなで麻辣刀削麺。
mjk05
張家の麻辣刀削麺は、独特の辛さがありますよね。
ヤミつきになりそうな味わいです。

日本での他店と違って、花椒がそれほど際立ってはいないのですが、それでもじわじわとくる辛さがあります。

上品というか、奥深いというか、そんな辛さです。

刀削麺も絶妙な固さと茹で加減。

もしかしたら、本場の西安の刀削麺よりも美味しいかもしれないです。

店員さんの愛想無さとか、エプロンを出さないとか、店内が薄暗いとか、いろんな不満を持つお客さんもいるとは思いますが、そもそも刀削麺のお店とはこんなもので、それによって現状の味が保たれていると思えば、何の問題もないと思います。

mjk04

張家 日本橋店

東京都中央区日本橋2-10-11 織正ビル 1F